日本から海外の留学先へ, または留学先から日本の家族へ国際電話をかけるときは必ず時差を考えなければいけません。そんな時, 時差計算をしなくても手元に時差一覧表や時差早見表があれば,すぐに通話先の時刻がわかるので便利です。

時差一覧表
タイムゾーンマップ
早見表

 
   
  簡単な時差の計算方法と覚え方
海外旅行や出張先から日本に国際電話する時, 「今日本は何時なんだろう?」「日本時間の10時に電話するには, 何時に電話すればいいの?」という疑問が生じるはず。時差が2〜3時間なら計算しなくても簡単に時間がわかると思いますが, 時差が-19時間や+10時間とか, 戸惑う方も多いと思います。そこで, 簡単な時差の計算法をご紹介します。
 
 

南北アメリカにいる場合の簡単な時差計算と覚え方 (現時時間 → 日本時間)

24+日本との時差=○
現地の時刻−○=△
1日進めた△(つまり翌日の△)が日本の時間。

例: ハワイが5月5日のAM10時の時、日本は何時?
   24−19(ハワイとの時差)=5  10(ハワイの現在時刻)−5=5
   = 日本時間は5月6日のAM 5時。

つまりハワイなら, 「現地時間から5を引いた時間が日本の時間!」 と覚えておけばこれ以上簡単な覚え方は他にない。一番簡単な覚え方です。

ヨーロッパにいる場合の簡単な時差計算と覚え方 ( 現時時間 → 日本時間 )

現地時間+日本との時差=日本の時間
たったのこれだけ! すごく簡単!

例: イタリアが12月25日のAM10時の時、日本は何時?
   10(イタリアの現在時刻)+8(イタリアとの時差)=18
    =日本時間は12月25日の18時
   
   サマータイムの場合: 
   10(イタリアの現在時刻)+7(イタリアとの時差)=17
   =日本時間は12月25日の17時。

 

   
 

サマータイムの計算と実施期間と時期

例えば, 上記にある「日本時間との時差」が -8 ならサマータイムの期間中は -7 時間になり, グリニッジ標準時(GMT)が +1 ならサマータイムの期間中は +2 時間になります。

簡単に言えば, サマータイムの実施期間中は通常の時間から1時間針を進めサマータイムが終了したら1時間戻します。

<世界の主要国 サマータイム実施期間 一覧>

アメリカ ・ カナダ: 3月第2日曜日 午前2時 〜 11月の第1日曜日 午前2時
イスラエル: 4月2日以前の最終金曜 午前2時 〜 ヨーム・キプール以前の最終日曜 午前2時
エジプト: 4月最終金曜日 午前0時 〜 9月最終金曜日
オーストラリア: 10月第1日曜日 午前2時 〜 翌年4月第1日曜日 午前3時
トルコ: 3月最終日曜日 午前1時 〜 10月最終日曜日 午前1時
ニュージーランド: 9月最終日曜日 午前2 時〜 翌年4月第1日曜日 午前3時
ブラジル: 10月第3日曜日 午前0時〜翌年2月第3日曜日 午前0時
メキシコ: 4月第1日曜 〜 10月の最終日曜
ヨーロッパ: 3月最終日曜日 午前1時 〜 10月最終日曜日 午前1時
ロシア: 3月最終日曜日 午前2時 〜 10月最終日曜日 午前3時

2012年現在